ほくろを除去しよう|新しい自分になることができる

綺麗な透明感のある肌

フェイス

レーザーを複数合わせる

生まれつき誰もが少なからず持っている色素班の一種としてほくろがあります。このほくろは自然と消えることはほとんどなく、紫外線の影響で成長するとともに増えていくものです。ほくろの大きさや部位によっては見た目の印象を左右することもあり、コンプレックスとなる人も多いと言われています。特に、顔は露出が多く紫外線の影響を受けやすい部位であるため、シミやそばかすなどと一緒にほくろも出来やすいです。ほくろを除去することで、透明感のある綺麗な肌にすることが出来ます。そのため、美容整形外科や皮膚科などで除去する人は増えつつあります。除去方法には、種類がありほくろの大きさや部位によっても選ぶ除去方法は変わってきます。美白クリームを塗ったり、美白成分の含まれた内服薬やサプリメントなどの服用、手術で切除する方法などがありますが、中でもレーザーによる治療が一般的です。レーザーと言っても、レーザーにも種類がいくつかあります。それぞれの良さを組み合わせながら治療を行うことで、最も高い効果が得られると考えられています。レーザーを複数組み合わせることで、どんなほくろにも対処できるようになり傷跡も残りにくいと言われています。レーザーは基本的に痛みが少なく、肌が回復するまでの期間も短めになっています。赤みなどは残ることがありますが、肌が回復するとともに徐々に薄くなり最終的に消えていくため後遺症などが残る心配もありません。レーザー治療は安全性が高く、安心して受けられる治療法になっています。

紫外線対策を徹底する

ほくろの除去は、治療中も大事ですが治療後のケアもまた重要になります。ほくろは、色素であるメラニンが過剰に生成されて更に特定の同じ部位にいくつも集まって出来ることでほくろになります。そのため、紫外線の影響を受けることでよりほくろが出来やすくなるのです。治療を受けて、しっかりと除去することが出来ても紫外線対策が出来ていなければ再発したり色素沈着になることも考えられます。そこで、治療中から紫外線対策は徹底して行うようにして極力肌が紫外線の影響を受けないようにします。日焼け止めをこまめに塗り、帽子をかぶったり日傘をさすなど日差しが強い時は特に対策が必要になります。日ごろ使っているスキンケア用品も、美白成分が含まれたものにするなど工夫してスキンケアを行うことも大切です。紫外線対策がしっかり出来れば、ほくろを完全に除去してくすみのない透明感のある美しい肌にすることが出来ます。ほくろを消すことで、顔のパーツも目立つようになり表情が明るくなり印象が良くなることも多いと言われています。より自分に自信がつき、ポジティブになれるなど精神面にも良い影響をもたらすと考えられます。特に女性は、美意識が高い人が多くちょっとした見た目の改善で劇的に印象が変わるという人も多いです。ほくろの大きさや根の深さによっては、一度では除去しきれずに続けて数回の治療が必要になることもあります。ほくろが出来た時点で早めに治療を行うことで、除去しやすく回復しやすいのです。